WordPressで名前変換小説サイトを作る:第1回「サイトを作る前の準備」

WordPressはブログソフトウェアですが、工夫をすると名前変換小説サイトを作り、管理することもできます。

今回は、サイトを作る前の準備についてです。

本シリーズでは、WordPressで次のようなサイトを作ることを目的とします。

  • 名前変換小説サイト
  • 検索避けをする
  • サイトの主なコンテンツは小説(文字)

第7回まででこのようなサイトを作ることができます。

どんなサイトを作るか考える

まず始めに、「どんなサイトを作るか」を考えます。

本シリーズで作るサイトの構成は次のようにしました。

  • トップページ
    更新履歴を表示する
  • このサイトについて
    どんなサイトなのかや、管理人のHNなどを表示する
  • メイン(小説一覧)
    投稿した小説の一覧を表示する、名前変換フォームの設置をする

    • 投稿した小説のページ
  • メモ(ブログ)
    メモやブログ記事の一覧を表示する

    • 投稿したブログ記事のページ

WordPressには「投稿」と「固定ページ」という2種類のページがあります。
時系列を必要とするものは「投稿」必要としないものは「固定ページ」で作られることが多いです。

上記のサイトの構成を元に、「投稿」と「固定ページ」、どちらでページを作るか考えたものが次の通りです。

  • トップページ → 固定ページ
    更新履歴を表示する
  • このサイトについて → 固定ページ
    どんなサイトなのかや、管理人のHNなどを表示する
  • メイン(小説一覧)→ 固定ページ
    投稿した小説の一覧を表示する、名前変換フォームの設置をする

    • 投稿した小説のページ → 固定ページ
  • メモ(ブログ)→ 固定ページ
    メモやブログ記事の一覧を表示する

    • 投稿したブログ記事のページ → 投稿

上記の例では、時系列を必要とするブログを「投稿」にし、小説については「固定ページ」でページを作成することにしました。

ここで考えた構成とページの種類で、今後ページを作っていきます。

サーバーを準備する(レンタルサーバーを借りる)

WordPressはサーバーにインストールをして使うブログソフトウェアです。
ですので、まずはレンタルサーバーを借りましょう。

WordPressのインストールについては、公式オンラインマニュアル(ドキュメント)である『WordPress Codex 日本語版』に記載がありますが、「ワンクリックでWordPressのインストールをすることができる機能※1があるレンタルサーバー」を借りれば、もっと簡単にWordPressをインストールすることができるので、そのようなサーバーを借りるといいでしょう。

『WordPress Codex 日本語版』の「WordPress のインストール/ワンクリックインストール」に記載されているレンタルサーバーから、いくつか紹介します。

ロリポップ!レンタルサーバー

ワンクリックインストール機能があり、WordPressが使えるライトプランが月額250円~であることに加え、好きな文字列+豊富なロリポップ!のドメインを組み合わせたドメインを使えるのが魅力的です。

エックスサーバー

当サイトで使っているレンタルサーバーはこちら。
ワンクリックインストール機能あり、月額900円~で、ドメインは好きな文字列+xsrv.jp。

※1 「ワンクリックインストール」や「簡単インストール」と呼ばれていることが多いです。

WordPressをインストールする

レンタルサーバーを借りたら、サーバーのマニュアルに従ってWordPressをインストールしておきましょう。

インストール終了直後にWordPressの管理画面にログインしたところ。これから名前変換小説サイトにしていきます。

まとめ

  1. どんなサイトを作るか考える
  2. サーバーを準備する(レンタルサーバーを借りる)
  3. WordPressをインストールする

ここまでできたら、準備万端です。
次回からは本格的にサイトを作っていきます。