WordPressで名前変換小説サイトを作る:第6回「サイトのメニューを作る」

WordPressはブログソフトウェアですが、工夫をすると名前変換小説サイトを作り、管理することもできます。

今回は、サイトのメニューを作ります。

本シリーズでは、WordPressで次のようなサイトを作ることを目的とします。

  • 名前変換小説サイト
  • 検索避けをする
  • サイトの主なコンテンツは小説(文字)

第7回まででこのようなサイトを作ることができます。

メニューを作る

メニューから「外観」→「メニュー」をクリックします。

クリックすると、メニューの作成・編集画面に移動します。

新しいメニューを作成していきます。

メニューに名前を付けます。
ここでは例として、「メニュー」という名前を付けます。

メニューの名前を入力し終わったら、「メニューを作成」ボタンをクリックします。

画面が更新され、先程作成したメニューが編集できるようになります。

メニューの編集画面の内容は次の通りです。

赤枠:「メニュー構造」

メニューの項目と構造を設定することができます。

青枠:「メニュー設定」→「固定ページを自動追加」

ここにチェックが入っていると、「新しく親ページが存在しない固定ページを作成した時」にその固定ページを 自動的にメニューに追加します。

緑枠:「メニュー設定」→「メニューの位置」

テーマファイルで設定されているメニューの位置の中から、表示したいメニューの位置を選択します。

次は、赤枠:「メニュー構造」 で、メニューの項目と構造を設定していきます。

第1回で考えたサイトの構造に従って、固定ページを追加します。

  • トップページ
    更新履歴を表示する
  • このサイトについて
    どんなサイトなのかや、管理人のHNなどを表示する
  • メイン(小説一覧)
    投稿した小説の一覧を表示する、名前変換フォームの設置をする

    • 投稿した小説のページ
  • メモ(ブログ)
    メモやブログ記事の一覧を表示する

    • 投稿したブログ記事のページ

画面左側にある「固定ページ」というボックスから、追加したい固定ページのタイトルの横にあるチェックボックスにチェックを入れ、「メニューに追加」ボタンをクリックします。

画面左側にある「固定ページ」というボックスから、追加したい固定ページのタイトルの横にあるチェックボックスにチェックを入れ、「メニューに追加」ボタンをクリックします。

「メニューに追加」ボタンをクリックすると、このように追加されていきます。

これをメニューの項目として追加したいものすべてが終わるまで繰り返します。

必要な分のメニューを追加し終わった状態です。

次に、メニューの位置を設定します。

WordPressテーマ「Twenty Seventeen」では、「トップメニュー」と「ソーシャルメニュー」の2つが用意されています。
ここでは「トップメニュー」を選択します。

WordPressテーマ「Twenty Seventeen」では、「トップメニュー」と「ソーシャルメニュー」の2つが用意されています。 ここでは「トップメニュー」を選択します。

ここまで編集が終了したら、「メニューを保存」ボタンをクリックして、編集した内容を保存します。

サイトにアクセスして見ると、赤枠のようにメニューが追加されています。

メニューの設定前

メニューの設定後

まとめ

今回はサイトのメニューを作成しました。

次回からは、メインコンテンツを作っていきます。