WordPressで名前変換小説サイトを作る:第7回「メインコンテンツを作る」後編

WordPressはブログソフトウェアですが、工夫をすると名前変換小説サイトを作り、管理することもできます。

今回は、サイトのメインコンテンツを作り込んでいく続きです。

WordPressで名前変換小説サイトを作る:第7回「メインコンテンツを作る」前編

2018年5月23日

本シリーズでは、WordPressで次のようなサイトを作ることを目的とします。

  • 名前変換小説サイト
  • 検索避けをする
  • サイトの主なコンテンツは小説(文字)

第7回まででこのようなサイトを作ることができます。

第1回で考えたサイトの構成によると、投稿した小説のページは「固定ページ」で作ることになっています。

  • トップページ → 固定ページ更新履歴を表示する
  • このサイトについて → 固定ページどんなサイトなのかや、管理人のHNなどを表示する
  • メイン(小説一覧)→ 固定ページ投稿した小説の一覧を表示する、名前変換フォームの設置をする
    • 投稿した小説のページ → 固定ページ
  • メモ(ブログ)→ 固定ページメモやブログ記事の一覧を表示する
    • 投稿したブログ記事のページ → 投稿

今回は最終的に次のようなページを作成することを目的とします。

この方法を2つ紹介しますので、お好きな方法を選択してページを作っていきましょう。

下記が2つの方法の概要です。


今回ご紹介する方法の概要

方法1:新しく小説を投稿した時にページを自分でWordPressを使って更新する

メリット

  • ページを更新する仕組みを作らないで良い

デメリット

  • 毎回自分でメインのページを更新する必要があるので、めんどくさい

方法2:新しく小説を投稿した時にページをWordPressに更新してもらう

メリット

  • 自分で更新しなくて済むので、ページの更新が楽

デメリット

  • WordPressに更新してもらう仕組みを作る(=テーマファイルのカスタマイズをする)のが大変

とにかく今ある知識だけでサイトを作りたいなら方法1、勉強してでもWordPressを活かしたいなら方法2、がおすすめです。

それでは、「長編小説と短編小説があるサイト」という仮定で作っていきます。

方法1:新しく小説を投稿した時にページを自分でWordPressを使って更新する→前編へ

方法2:新しく小説を投稿した時にページをWordPressに更新してもらう→2ページ目へ